生前整理の番組を見て

生前整理の番組をみました。

そして、今日古きものを育てる番組をみました。

普段リメイクをしている私が大切にしていること

古いもの、思い出の物に息吹を与えることでまた、再生してもらうこと。

つい、私も母に要らないから処分したら?と言ってしまうけれど
使いこんでいくことで年代を重ねていくことで出来上がっていくものもある。
整理するときも自分の気持ちに寄り添って整理していくこと

ちょっと手を加えることで再生出来るのではないかと考えてみること
そんなことを、最近個人的に布の利用法のアイディアを提供することもあり

大事に考えて行きたいなと実感しました。

やっぱり、リメイクはエコ♪私のスカートを長女へ受け継ぐ。

20代の頃のスカート

<お直し後>

12190209_818236994966191_1926803446_o

<お直し前>

12179753_818237461632811_787231491_n

お気に入りだったのに、結婚してから着る機会もなく
今までクローゼットの中にしまったままでした。

長女も20歳になり、そのスカートを思い出し勧めたところ、
前面真ん中に穴が空いていたのでリメイクすることにしました。

色々な方法を考えたのですが、本人と相談して長さを短くすることで落ち着きました♪

切り取った下の部分は、冬の防寒としてリメイクすることに決定しました(^_-)-☆

結婚してから、育児のことを考えて動きやすいいジーンズばかりでした。

今になって思うのは、たまには、スカートで気持ちを引き締める日があっても良かったのかなと。

出来上がったスカートを見て、もっとおしゃれを楽しむ機会は作れたなと思うのです。

子供ばかりに目がいってしまって、自分の事は後回しだったな~。ま、それも大事な思い出です(*^-^*)
普段から、服がない。買うのにもお金が‥と言っている長女へ
「服代、浮いたね。」と渡しました。

リメイクは、エコですね(*^-^*)

リメイクは、パズルをするように楽しんで

形見分けで主人の母のジャケットからのトートバッグが完成しました。

12169433_814826501973907_2000247183_o

リメイクしている時間は、色々な思い出が頭を駆け巡ります。

時間もあっという間にすぎ、たまにこんなはずでは‥と思ってもそれが意外にいい出来上がりになったりしますし、手作りだからこそのデザインになります。

パーツの組み合わせなのでパズルと同じ感覚で作り、その時間も楽しみです。


お気軽にご自分の手でリメイクしてみませんか?

意外とリメイクのアイディアが浮かばないという方が多いようです。リメイクのアイディアを提供しております。

お気軽にお問い合わせください。

リメイク作家 遠藤 明美

故人の思い出の作務衣をリメイク/エプロンと・・・

故人が愛用していた作務衣を何かにリメイク出来ないかとの声にご相談させていただいて

下記のようなカフェエプロンとクロップドパンツが出来上がりました。

DSC_3621

DSC_3623

ズボンについては、遠方のため細かく寸法を確認しながらのリメイク

カフェエプロンは、お任せリメイクです。


 

手にしたEさんから嬉しい感想を頂いたので、ご了承を得て掲載させていただきます。

父の愛用していた作務衣がカフェエプロンとクロップドパンツとなって還ってきました。

厚手の綿だっただろうけど、気に入って着ていたのが分かるほど柔らかくしなやかになっていて、ほんわりと温もりが感じられ懐かしいです。

カフェエプロンは原型のパーツを活かして機能的でおしゃれ。 クロップドパンツは、細かくサイズを確認して下さったのでピッタリで履き心地も抜群です。

明美さんにリメイクをお願いして本当に良かった。いつまでも大切に使っていきます。 本当にありがとうございました。

今回、体に合わせることなくズボンにリメイクをするという初めての試みにドキドキでしたが、
寸法を合わせることが出来るのがリメイクのいいところです。

リメイクするときは、心の中でつい服と会話をしてしまう私です。
カフェエプロンを作る際には、ここにあるあなた(紐)は、このためにあったのね。と納得しながらのリメイクになりました(^^)

大切な服をリメイクさせていただきありがとうございました。

遠藤 明美

 

 

オーダーリメイクの感想をいただきました

亡くなったお子さんのお洋服でテディベアとポーチを作ってほしいとの依頼があり小さなお洋服が届きました。

合計、6点のテディベア。全ての表情に同じものはなくひとつでもお子さんの面影を見れることが出来たらの思いで作らせていただきました。

今回のオーダーリメイクの感想をご本人のご了解を得て感想のみ掲載させていただきます。

どんな感じに出来上がるのかと、
楽しみに待っていましたが、
想像以上に、どれも素敵で素晴らしいもので、感動しております。


本当にありがとうございました。


細かい気遣いもして頂き、
またポイントとなる洋服のタグやボタンの使い方にも驚きました!!
どれも本当に素晴らしくて、可愛らしくて、大大大満足です。


テディベアはどれも表情が同じものはないのですが、あのテディベアの可愛らしさと、微笑んでいるように見える顔は、本当に息子のようで、思わず涙してしまいました。


今回のリメイクを遠藤様に依頼させてもらい、本当に良かったです。


短い期間での依頼で、大変なご迷惑をかけてしまったと思います。申し訳ありませんでした。

今回のリメイクはわたしとしてもオーダーリメイクの広がりを感じるリメイクでした。

また、オーダーリメイクのお時間についても出来る限りご要望に応じて行きたいと思いますので気にせずに一度お問い合わせください。

得ることも沢山あり、リメイクという仕事をすることが出来て良かったと思えた経験でした。

 

遠藤 明美

 

 

リメイクするとき、一番大事にしている時間はこんな時間

どうやったら、こんな発想が出来るの?とリメイク作品を見て言っていただく言葉。

作品を作る前に一番時間をかけるのは、どの服をどの部分に使うか考える時間です。

特にオーダーの場合、一番気を遣うところです。

どこに使ったら、一番その服が生きるか。どこに使えば主張しすぎないか。
等考えてなるべく余なく全てを使おうと思って考えます。

時には、何日も要する時もありますが
でも、その時間が一番大事で一番好きな時間です。

アイディアがまとまるとやった!という気持ちになります。
今、頂いているオーダーの色使いも決まってこんな事をふと書きたくなりました。
今日も、ありがとうございます。

遠藤 明美

リメイク教室での作品のご紹介/スカイプでの教室も対応します

先日行われたリメイク教室で今は大学生のお子さんのズボンを持って来られた方がいました。

その時は、茶色とジーンズを持って来たのですが、中の色の布のアドバイスをしたところ、後日こんなビビットな色使いで仕上げたのを見せてくれました。

各々のズボンのデザインの特徴を生かして作るのでアイディアが広がります。

私は、ちょっとしたアドバイスをするだけで後はご自分で思ったままに作ってもらってます。

時間は、2時間くらいで後はご自宅出来ます。スカイプで教えることも可能ですので気軽にお問い合わせくださいね。

11094140_735743653215526_1438606899_n 11146127_735743699882188_776709813_n 11186469_735743769882181_390981101_n